コンテンツへスキップ

ビフィズス菌は腸内細菌で優れた善玉菌です

腸内細菌には3つの種類があります。健康維持や老化防止などの体によい働きをしてくれる善玉菌と病気の原因になってしまう悪玉菌、普段はいい働きも悪い働きもしないけれど腸内で善玉菌と悪玉菌のどちらかの菌が多くなると強い菌の味方をする日和見菌です。

善玉菌が多いと腸内環境が整っている、悪玉菌が多いと腸内環境が乱れているということになります。ビフィズス菌は人の腸内に最も多くすんでいる善玉菌です。ビフィズス菌の種類はたくさんあり50ほどに分類されています。人と動物でもすんでいるビフィズス菌の種類が異なります。

ビフィズス菌を摂取するにはビフィズス菌の入ったヨーグルトやサプリを食べることが効果的です。ヨーグルトを食べることで不足しがちなカルシウムも摂取することができます。ビフィズス菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂取するとより強い効果が期待できます。ビフィズス菌のチカラは同じ善玉菌である乳酸菌よりも優れています。